内田康夫さん:未完の「孤道」完結編を一般募集 - 毎日新聞

“休筆”、連載分を5月に刊行 著者の病気のため中断した内田康夫さん(82)の連載小説「孤道」の単行本が5月12日、未完のまま毎日新聞出版から刊行されることになった。内田さんは21日、小説の“休筆宣言”をするとともに、続編となる完結編を一般募集することを発表する。 連載は2014年12月、毎日新聞夕刊でスタート。翌年7月に脳梗塞(こうそく)で倒れ、連載は8月12日204回で中断していた。完結すること...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1amahika@hatena 2017/03/21 07:14:51
……これ、ミステリ的な解決手段とかも各自で考えてね!ってことなんだろうか。
2LethalDose@hatena 2017/03/21 19:56:37
奥様が早坂真紀だったのね。ビアンカ・オーバースタディみたいなもの?まあ、ありといえばありのような。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 23:49:01:1490021341:1498126650
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応