日常性を蝕むもの 村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」(第1部 泥棒かささぎ編) - サラダ坊主日記

2017 - 03 - 21 日常性を蝕むもの 村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」(第1部 泥棒かささぎ編) 文学 村上春樹 の「 ねじまき鳥クロニクル 」という長篇小説の第一巻「 泥棒かささぎ 編」を読了したので、感想の断片を書き留めておく。 尤も、この「 泥棒かささぎ 編」を通読したのは、今回が初めてではない。遡ること十数年前、私が未だ中学三年生だった頃の、高校進学直前の春休みに、誰もいない家で...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1pikoameds@hatena 2017/03/21 02:35:08
問題は卵を誰の攻撃から守るか、だ。個人的に、か?何を使って。卵よ。魂よ。おやすみ。またいい日が、お子さん達と同行者とあなたに。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 22:47:02:1490017622:1495617908
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応