「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ:朝日新聞デジタル

日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。 原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1smile4u@hatena 2017/03/21 01:00:04
日本の人権状況の極北である入管方面に、LGBTへの追い風が一穴を空けてくれれば。
2jt_noSke@hatena 2017/03/21 06:07:40
ふーふ(む)
3sakuya_little@hatena 2017/03/21 08:11:22
法を破り不法滞在していた犯罪者が法の下の平等を訴えるとは滑稽な。 法に依って裁かれ罰を受けるのは当然の報いであろう。
4ryokusai@hatena 2017/03/21 08:26:33
「だが入国管理局への出頭を準備していた昨年6月、職務質問で不法滞在が発覚し、逮捕された。特別許可も下りず、東京入管は昨年11月に退去強制令書を発付。」そら入管から見たらただの長期不法滞在だもの。
5nomitori@hatena 2017/03/21 09:41:25
不一様又怎様
6gaojin2180@hatena 2017/03/21 09:42:28
異性間だと事実婚で滞在が認められる場合が多いんだな。同性でも認められるか、朗報が聞きたい。
7u-li@hatena 2017/03/21 12:46:51
“法務省のガイドラインは許可すべき要素として日本人との結婚を挙げており、男性側は「同性カップルゆえに夫婦同然の関係が考慮されなかった」と主張”
8sakidatsumono@hatena 2017/03/21 13:09:22
夫婦扱いしてくれないから
9yztm@hatena 2017/03/21 17:05:15
不法滞在に突っ込むのは論点違い。「退去強制処分が取り消された判例」があるのに男性同士だと認められないのはなんでって話。日本の法律の殆どが同性夫婦の存在を考慮しておらず、彼らを定義する新たな枠組みが必要
10limonen@hatena 2017/03/21 17:46:36
異性なら事実婚として考慮するけど同性同士は同様の状態でも認めないというのは差別。不法滞在が悪いんだと言う人は事実婚の男女も考慮しなくて良いと思う?法律婚は?
11Louis@hatena 2017/03/21 20:15:41
これ、異性カップルなら「不法滞在」にならない可能性があるのか。命にかかわる人権無視が日常茶飯事の入国管理局にはこのレベルの人権問題は歯牙にもかけなさそう。
12fellfield@hatena 2017/03/21 23:58:24
異性間の事実婚で滞在が認められる例があるなら、同性間では尚更、認められるべきだ。同性間では事実婚しかできない訳だから。
13mongrelP@hatena 2017/03/22 00:46:04
事実婚でも異性なら取り消されてる判例が少なくない、なら同性だからといってやらんのならまさに差別やね。っていうかトランスジェンダーだとどうすんのさ感。
14Temaribana@hatena 2017/03/22 06:17:22
婚姻の有無が命綱になる場合こそ事情を考慮するべきだが、こういう時に問題になるのが法的な潔白という悲しさ
15smartswan777@hatena 2017/03/26 00:07:59
「日本法律歧視性傾向」 異性戀者提事實婚證明就准特別居留http://www.upmedia.mg/news_info.php?SerialNo=14134
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 22:18:01:1490015881:1495617920
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応