2017年、電子帳簿保存法の規制緩和で 領収書のスマホ撮影・原本破棄が可能に! | 会計処理 | 【経理ドリブン】

国税関係帳簿や国税関係書類に対し、電子化された文書ファイルによる保存を認めた法律、電子帳簿保存法。毎年のように規制緩和が繰り返され、2017年より領収書やレシートのスマホ撮影・原本破棄が可能となっています。 この規制緩和は経理部門にどんな影響をもたらすのか。経理担当として知っておきたいポイントについてまとめてみました。 電子帳簿保存法とは? 電子帳簿保存法は、オフィスのペーパーレス化を後押しするた...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1darjeeling_2nd@hatena 2017/03/21 14:14:54
近く導入
2unijam@hatena 2017/03/21 14:31:27
“タイムスタンプとは、電子データがある時刻に確実に存在していたことを証明する電子的な時刻証明書。データ保存にはタイムスタンプの付与が義務付けられています。”
3K-Ono@hatena 2017/03/21 20:40:31
これだとちょろまかせない(1こ私用のもの買ってレシートまとめて手書き領収書にするやろおまえら)からやるなら会社が義務付けないとみんなやらんで。
4snaflot@hatena 2017/03/21 22:15:08
“②領収書を受け取ってから3日以内にタイムスタンプ※を付与”
5ofayoyuly@hatena 2017/03/21 23:15:54
それはいいね
6barracuda555@hatena 2017/03/21 23:38:33
要するに、ハッシュキー付けて原本からの一次コピーだって証明するってことかな。いずれ、そのコピーを保管するストレージの管理法で、また揉めそう。
7Bosssuke@hatena 2017/03/22 00:45:44
1人法人だから電子化を待ち焦がれていた → 1人じゃダメ → ('ー') こんな顔
8gendou@hatena 2017/03/22 02:20:49
どっかでタイムスタンプの偽造方法が発生しそうな予感。
9keijir@hatena 2017/03/22 03:01:53
表現がはしょられて微妙な感じ。タイムスタンプメインじゃなくて、電子署名の話じゃないか
10kazoo_net14@hatena 2017/03/22 08:26:51
これはよい!
11master-0717@hatena 2017/03/22 10:06:58
国税庁による適正事務処理規定に則って運用できる法人は領収書の原本破棄が可能に
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-21 04:36:01:1490038561:1511292814
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応