イケアの家具を「ハック」する、トム・ディクソン考案のモジュール式ベッド「Delaktig」が公式発売に|WIRED.jp

英国のデザイナー、トム・ディクソンはイケアで棺をつくるかわりに新たなベッドをつくり出した。「Delaktig」と名付けられたそのベッドは、ソファや長椅子にも変形し、サイドテーブルのような付属品もつけることができる変幻自在の一品だ。これならイケアの家具を改造するのが好きな“ハッカー”たちも満足するに違いない。

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1jt_noSke@hatena 2017/03/21 06:00:39
考案には四苦八苦したのかな
2mushioka@hatena 2017/03/21 10:01:31
“ハッカー”たちを味方につける試み”/リメイクはコモディティ化する商品のオプションのようなものになり得るのかも。セミオーダー化するのか、勝手にリメイクしてもらうのか・・
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 21:08:01:1490011681:1500936911
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応