人質にひたすら食事を作り続けた4カ月間【在ペルー日本大使公邸人質事件】 - メシ通

2017 - 04 - 21 人質にひたすら食事を作り続けた4カ月間【在ペルー日本大使公邸人質事件】 東京 日本料理・懐石 弁当 インタビュー 西牟田靖 Pickup Tweet 事件当時を振り返る深澤宗昭さん かつて南米のペルーで左翼ゲリラが日本大使公邸を襲撃、人質を取って4カ月あまりにわたって立てこもるという事件があった。 在ペルー日本大使公邸人質事件 である。 1996年12月17日の午後8...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1chako00@hatena 2017/04/21 14:42:21
ペルー軍は床下に仕掛けた爆弾を爆発させ、その穴と正門から特殊部隊を公邸内に急襲、ゲリラは全員死亡するという強硬な方法によって解決をはかった。人質事件はいけないがペルー軍のしたことはテロと変わらぬ殺人。
2ericca_u@hatena 2017/04/21 18:33:07
すごい。
3turanukimaru@hatena 2017/04/22 02:47:42
これはすごい。弁当だって30度超えたら危ないもんな。
4yugioh-hack@hatena 2017/04/22 03:34:41
覚えている
5Louis@hatena 2017/04/22 11:27:55
共に人質になったのではなく人質のために昼と夜弁当を作って届け続けたのか。エルニーニョで日中30℃以上の中、食中毒の危惧があったりメニューを選んだり、興味深い話がたくさん。
6banban@hatena 2017/04/22 12:55:48
なるほど気候が。食中毒。食は希望につながるよなぁ。
7kantei3@hatena 2017/04/22 14:15:52
「こちらはランチセット。45ソル(日本円で約1,560円)。 ここで提供される食事は当時も、そして今でも、現地のペルー人や日本人を魅了してやまない。」
8Gonzoo@hatena 2017/04/28 19:22:08
本当にすごい
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 08:00:01:1492729201:1493464788
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応