辞世の句

東京で暮らした14年間は本当に楽しかった。仕事の拘束時間は長かったけど、それでも東京に居られるので基本心は軽かった。給料は、私一人が暮らすには十分だった。貯えもできた。 田舎のほうが暮らしのコストが安いとの意見を目にする。田舎で生まれ育った自分からすれば、自動車を持たねばならず、なにをするにも誰もが同じ量しか持っていない「時間」をコストとして払うのは金銭と異なり取り返しがつかない。 両親が年老い、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
2017-05-18 12:55:01:1495079701:1498603277
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応