矛と盾 - himaginaryの日記

家計消費は政府などからの現物社会移転を加えたベースで見れば伸びているのだ、という主張と、政府の支出は減っていない、という主張を同時にしている人を見掛けたような気がしたので、では、現物社会移転を控除した後の政府支出はどうなっているのか、を確認したくなって描いてみた(いずれも名目年度、単位10億円)。 ● 家計最終消費支出 vs 現実最終消費(家計最終消費支出+現物社会移転(受取)) ● 公的需要 v...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1maturi@hatena 2017/04/21 00:13:03
誰へのエアリプなんや・・・
2yasudayasu@hatena 2017/04/21 08:49:53
この記事の本題とはずれるけど、現物社会移転ってかなり安定して伸びてるから、家計消費にこれを足し込んでもトレンドの傾きが変わるだけで、今がトレンド対比で強い/弱いという基調判断には殆ど影響しないのよね。
3smicho@hatena 2017/04/21 12:18:00
>家計消費は政府などからの現物社会移転を加えたベースで見れば伸びているのだ、という主張と、政府の支出は減っていない、という主張を同時にしている人を見掛けたような気がしたので
4gruza03@hatena 2017/05/02 06:46:40
増税並びに国債で民間から政府への所得移転で家計消費が落ちているという主張と財政政策は緊縮財政(減税)の影響が無いと言う主張
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 00:36:01:1492702561:1508367129
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応