「焼き肉」をめぐる次のブームはいったい何か | 意外と知らない「焼き肉」の新常識 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

小関 尚紀 :リーマン作家/MBA 小関 尚紀 Naoki Koseki リーマン作家/MBA 1970年、大阪府生まれ。サラリーマン作家。筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程後期中退。早稲田大学大学院ビジネススクール修了(アジア太平洋研究科修士課程国際経営学専攻/東出浩教ゼミ)経営学修士。修士論文は『キャラクター選好プロセスモデルの探索的研究』 現在、都内企業に勤務しながら作家としての活動を...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1road2@hatena 2017/04/20 18:23:16
食べると痩せる肉というなら、糖質制限の適度な運動なしに食べても痩せるか試してみてほしい。
2ghrn@hatena 2017/04/21 00:24:11
霜降り、ブランド牛、ホルモン、和牛のウェットエージング、赤身、ドライエージング、ジビエ。位の流れのイメージ。間にジンギスカンやサムギョプサルが混じる。
3jamais_vu@hatena 2017/04/21 09:50:10
“今回はこの部位の細分化、希少部位化から始まったとも言えるここ数年の焼き肉史を紹介”
4fosanafo@hatena 2017/04/21 09:56:31
色んな国の人が牛肉を食べるようになると、ますます牛肉は高くなって私たちの食卓には並ばなくなりますね😥
5agrisearch@hatena 2017/04/21 14:12:23
「その和牛の子牛は現在、高値に張り付いてきています…価格が手頃で、輸入量も増加傾向のグラスフェッドビーフに需要と供給面からも頼らざるをえないでしょう」
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-20 12:53:01:1492660381:1502860259
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応