ビートルズ唯一のライヴアルバムの「リマスタリング物語」|WIRED.jp

1977年にリリースされたビートルズ唯一のオフィシャルライヴアルバム『Live at the Hollywood Bowl』。その“ヒドい”音源から4人の声と演奏を見事に甦らせた、アビーロード・スタジオのエンジニアたちの妙なるテクニック。

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1karatte@hatena 2017/03/19 21:41:40
"しかし、『ライヴ・アット・ザ・ハリウッドボウル』はライヴアルバムであるからこそ、マーティンとクラークは群衆のノイズを少し残しておくことに決めた"
2akihiko810@hatena 2017/03/19 22:07:39
1964〜65年のハリウッドボウルで収録されたライヴ盤『Live at the Hollywood Bowl』
3maRk@hatena 2017/03/19 22:41:33
(つべで、Live映像あがってるのみたら、熱狂的ファンの声ばかりで、当人たちの声が聴き取れなかったりする)
4poko78@hatena 2017/03/20 04:29:52
どうでもいい人にとってホントにどうでもいい話だ
5mouseion@hatena 2017/03/20 05:16:41
そういえば金が欲しくて売り払った癖に今更ソニーに版権を返して下さい、誠意を見せて欲しいと訴えてるポール・マッカートニーは恥を知れと言いたいね。
6tortoisetaughtus@hatena 2017/03/20 08:18:24
プラグインレベルでも似たようなことする奴あるけど、ここまでくるともはやできないことは存在しないんじゃないかと思えてくる
7hiranotkm@hatena 2017/03/20 12:05:58
ファンの悲鳴が抑えられている感じは確かにするなぁ。
8kiku72@hatena 2017/03/20 12:50:24
“ボブ・ディランの「ロイヤルアルバートホール」での1966年のコンサート”客の歓声抜きにしてなんでこの音源くらいちゃんと録音しとかなかったのだろうビートルズ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-19 12:45:01:1489895101:1493310502
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応