アルコール依存症の「妙薬」 仏で商品化申請へ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

仏製薬大手サノフィ・アベンティスの「バクロフェン」(2012年4月26日撮影)。(c)AFP/DAMIEN MEYER 【3月20日 AFP】アルコール依存症の妙薬とうたわれ、その治療のためにフランスでは既に処方されている筋肉けいれんの治療薬「バクロフェン」について、同国の研究者らがこのほど、アルコール依存症にも実際に効果があることを裏付ける新たな証拠を提示した。 17日にパリ( Paris )で...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1Nean@hatena 2017/03/20 11:43:34
“飲酒をやめた、もしくは飲酒量が減った被験者は、プラシーボのグループで37%だったのに対し、実際にバクロフェンが投与されたグループでは57%だった”。プラシーボでもそれなりに効いてるのね。
2everycanm@hatena 2017/03/20 18:34:33
理由が書かれてない。ドーパミンの抑制かな。前頭葉への影響がないなら重症者には効かない?
3ystt@hatena 2017/03/20 21:03:44
「17日にパリで行われた会議で発表された研究結果によると、バクロフェンを1年にわたり高用量で投与した臨床試験では、アルコール消費量の減少に『好影響』がみられたという。」
4name-25137412@hatena 2017/03/21 09:42:15
アルコール依存のために研究・開発された薬ではないのが引っかかるけど、新薬ってそういうものなのかなという気も
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 05:11:01:1489954261:1500936868
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応