“UFOを流行らせた男” 矢追純一81歳「空を見上げてほしかった」 (文春オンライン) - Yahoo!ニュース

矢追純一。その名は、1970~80年代を生きた日本人に強烈な印象を残している。80年代に幼少期を過ごした私も、日本テレビ『木曜スペシャル』のUFO特番や超能力特番に熱狂した。まだ家と学校の中だけで生きていた時代、矢追さんは世界の不思議への案内役だったのだと思う。だが、大人になってテレビ史を研究する中で、彼は何よりも伝説のテレビマンだったのだと気づかされた。そして、テレビマンとしてのお話を聞いてみた...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1chako00@hatena 2017/08/30 18:16
次期iPhoneのフラッグシップ機は1200ドル(約13万円)くらいの値段になりそうだ。iPhoneの最上位モデルの価格が650ドル(約72,000円)からだったことを考えると、馬鹿げた話。#賢い=便利とは限らん
2ouyejehNAO@hatena 2017/09/16 19:53
三部作だとは知らなかった
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-21 00:06:01:1490022361:1526872291
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応