近畿財務局:国有地取引の調査ずさん 廃棄物発覚相次ぐ - 毎日新聞

大阪市の学校法人「森友学園」が国有地を安価で購入した問題を巡り、土地を売った財務省近畿財務局が過去に取引した別の土地からも、契約後に廃棄物や有害物質が見つかっていたことが分かった。少なくとも3件あり、約30億円の契約を破棄されたり、損害賠償を支払ったりしていた。森友学園の問題でも契約後に廃棄物が見つかっており、専門家は「民間であれば当然の調査を怠った結果だ」と指摘する。 近畿財務局は管内にある国有...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1You-me@hatena 2017/04/21 10:51:27
ゴミが埋まってそうな土地でも調べないで高く買い取れと脅された経験が多かったりするのかしらん
2atsupi0420@hatena 2017/04/21 11:02:03
地下から記録に無い埋蔵物が出るってよくある事。近所でもあった。昔はそれだけ杜撰だったのでしょうね。(今もか?)
3renos@hatena 2017/04/21 12:27:35
他人の財布だからって好き勝手払ってくれちゃってェ……
4unagiga@hatena 2017/04/21 13:08:26
森友問題は総理が関わったかどうかばかりに焦点をあてて、的外れな追求や不審な情報ソースで報道をし続けた結果、杜撰な国有財産管理という問題の本質がとても見えづらくなった
5CocoA@hatena 2017/04/21 15:11:11
豊中市が給食センター建てるために購入した土地からゴミが出てきて、その撤去費用が14億かかる件とかも/"土地を取得、売却する時点で廃棄物や土壌汚染の有無を調査するのは当然"<-これ当然できることなの?
6toronei@hatena 2017/04/22 05:20:32
公有地売り払いというのは、メディアや国民がむやみに推奨していた流れなんだぜ、というも忘れたらいかんよ。
7stand_up1973@hatena 2017/05/06 18:07:01
近畿財務局の国有地売却を巡るトラブル
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 03:36:01:1492713361:1498608953
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応