残業150時間の衝撃 - 田中將介のブログ

2017 - 03 - 19 残業150時間の衝撃 日本では、政府や 経団連 の榊原さん、連合会長の神津さんなどが話し合い、 残業時間を「100時間未満」で着地させようとしています。 ここでは深く説明しませんが、過労死ラインは80〜100時間です。 いいですか、「死」ですよ。 労働省 は今まで、残業月45時間までが限度基準としていたのにも関わらず、政府の「働き方改革実現会議」では月60時間まで認め...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ryuukakusan@hatena 2017/03/20 13:05:03
内容を書かない見事な釣り。勉強になる。
2abberoad@hatena 2017/03/20 13:41:14
80時間なんて、世間では当たり前の話。
3sekreto@hatena 2017/03/20 13:53:45
ちょっと前まで過労死ラインは体感300時間の時代だったな。で、どこの話だろ。
4ethicalmasa@hatena 2017/03/20 15:54:37
「残業」という言葉はいかようにも解釈できます。仕事をしたいならいいではないか。とか、お金を残業代で稼げるとか。けれど、目を向けるべきところは、望んでもいない理不尽な状況に追い込まれることなんです。
5songmichan@hatena 2017/03/20 16:39:53
執筆中の記事楽しみに待っています。世の中に警鐘をならせると良いですね。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 04:52:01:1489953121:1512920524
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応