人気ミステリー作家 内田康夫さん休筆宣言 脳梗塞の影響で | NHKニュース

人気ミステリー、「浅見光彦シリーズ」で知られる、作家の内田康夫さんが脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが難しくなったとして、休筆を宣言しました。 フリーのルポライター、「浅見光彦」が事件の謎を解くミステリーシリーズが大ヒットして、シリーズはこれまでに100作を超え、累計の発行部数は9600万部に達しています。 内田さんは平成26年から、このシリーズの最新作「孤道」を新聞に連載していましたが、おと...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1plutan@hatena 2017/03/21 07:22:49
もう82歳だったか。浅見光彦シリーズもこれで終わりなのね。
2kaos2009@hatena 2017/03/21 07:37:46
浅見光彦シリーズ最終作は未完で、完結編は公募
3daruyanagi@hatena 2017/03/21 09:35:03
元知事のアシストだったりするのかなーとか言う下種の勘繰り(
4moe1@hatena 2017/03/21 12:42:29
浅見光彦シリーズ好きだから残念。
5t_massann@hatena 2017/03/21 12:57:58
口述筆記では駄目なのかな
6EoH-GS@hatena 2017/03/21 13:17:29
内田康夫といえば椎名桔平のラ王のCMに新聞投書で文句言っておちょくられてた記憶
7renos@hatena 2017/03/21 13:59:54
浅見光彦シリーズ、高校のときに読みまくったなー…。だいたい浅見が首突っ込みすぎてお兄さんに助けられるっていう黄金パターンだったよね
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 22:10:01:1490015401:1493309962
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応