糖尿病による網膜症をディープラーニングで診断--IBMの最新研究 - CNET Japan

IBMは米国時間4月20日、医師が糖尿病性網膜症(DR)を診断し分類するのを支援する新たな診断方法によって、目の病気との闘いで最新のブレークスルーを達成したことを発表した。 DRは糖尿病の合併症で、米国では失明の主な原因の1つだ。IBMの研究チームは深層学習(ディープラーニング)と視覚分析技術を使って、患者のDRの深刻度を86%の精度で分類することに成功した。 この方法では、わずか20秒で損傷を特...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1atoh@hatena 2017/04/21 17:11:34
こうやって見落としとかどんどんなくなっていくとドラマが作りにくくなるなぁ。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 05:11:02:1492719062:1511293353
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応